【ユニコーンオーバーロード】母性も溢れるご飯担当クロエ。お嫁さんにしよう。

ユニコーンオーバーロード

親愛度の会話見る限りこの槍兵もしかして解放軍のお母さんでは…?

クロエ居なかったら飯誰が作るんだろうか

スカーレット

小島の村にいたただの一般的な平民の少女が槍を持ってるだけだよ

貴族です…

レックスも時々手伝うけど伝令命じられるのも基本的にクロエだし買い出し炊事雑用全般やってるっぽいよね

仮にも軍隊が個人の料理に頼るな~

他は元お貴族様や王族やら傭兵やら盗賊だから雑務できそうなの少ないんだよな…
元一般市民は半エルフくらいか


頑張ってー!

お弁当のふかし芋が砂漠の高温で傷んじゃってしょんぼりする褐色アーチャーを慰めるお母さん

誰かが攻撃するたびにすかさず応援してクリティカルを出す様はまさしく母

こんな子が同じ組織にいたら勘違いして好きになっちゃいそうだけどあの解放軍に来る人たち割と落ち着いてるからそういうことあんまり起こらないかな

クレリックの子が天然人たらしで一般兵からモテモテってくらい

クロエが飯管理やってるのと特別美味いだけで料理はちゃんと持ち回りでやってるよ
ニーナちゃんがオムライスぶちまけてたし

まず初期メンバーの時点でレックスはよく失敗するしスカーレットはスカーレットだしで半分壊滅してる!

卵の殻が入ってしまう呪いとディフェンスカースってどっちが辛いんですかセルヴィさん

あーこれ北のほうでスープにつけて柔らかくして食べるすごく硬いパンなんだ
まぁ嘘なんだが

人の良さそうな顔して息をするように嘘をつくなファイター

レックスとの会話が完全にオカン

クロエだけじゃ手が足りないしスカーレットにアシストさせるか

アレインは無言で逃げた

コルヌの聖杯を見つけました。
回収しておきますね。

キャラ説明にジョセフの友人の娘ってあるだろ!

だがそれが逆にジョセフの友人の娘の逆鱗に触れた!

本来ならばメイド服着てアレインの世話をしていたくらいの貴族
レックスがガチの平民

でもやっぱり槍を持ちながらダンス指導は怖いよ

パッシブ封じ

実際若い時にしか着れないから着てるって言ってるしなおばあちゃん

今さっきクリアした
ガレリウスにとりあえず一番攻撃性能高い部隊ぶつけたら開幕気絶して一方的に殴り殺せた…
暗黒耐性とか毒耐性持ってるんだから気絶耐性もつけとけよ…

まぁそれもそうなんだけどそもそも部隊編成ゲーなのに単騎で挑んでくるのがそもそもの間違いだよ…
どれだけ強くても単騎じゃどうにもならないゲームだよ…

パッシブ封じは大事だからな…

ロザリンデの精霊の怒りで開幕気絶する皇帝
そのあと燃やされる皇帝

アーマリアもそう言っています

お前登場ステージでほっとくと割と死にかけるもんな

ジョセフとかクライブの仕事も手伝ってるんじゃなかったっけ


立場的にはどう見ても将来お手付きになることも視野に
旗本が王太子の傍に入れた貴族令嬢のはずなんだが…
なんで飯担当になってるんだろうな

というか最初の解放軍のメンツ思い出してみろ

国が滅んだから…

クライブですら買い出しやってみるかーすると大失敗する解放軍の銃後はボロボロ

まあ単騎でもちゃんと作中一番強いし…

解放軍って旗揚げ時6人とかじゃなかったっけか

立場的に殿下の嫁になるの一番ハードル低い娘
嫁にならなくても殿下付きの侍女になる辺り強い

アーマリア出てくるステージは投石器ボーナスステージだったな…

投石器でキャッキャしてると鏡貰いそびれるから頑張って4拠点制圧しないと…

まずコルニアの大半を解放してから他国解放してくの頭おかしくなる…

ちゃんとレベル高いやつを配置してないのが悪い

今作のラスボスは結構いい塩梅に見えた

それまでどんなボスも適当に相性いい編成ぶつけてりゃ倒せたから
わざわざステージ攻略中に編成組み替えなきゃ倒せなかったのラスボスだけだしまあこんなもんで丁度いいと思うよ

妾侍らせて後継候補増やしとくべきだよね

うーん、やっぱ妾無しで

万が一の毒殺とか考えたら幼馴染に飯作ってもらうのが一番丸い

スカーレットが攫われなければ急いで首都包囲なんてしないでそこそこの勢力になった時点でドラケンガルドと同盟する方針になってただろうし

ゲーム上クロエしか料理してなさそうに見えるだけで普通に考えたら他にもいるだろ…

やっぱ私がアレインにも手料理食べさせるべきだよね

明確にご飯作るのが得意なのってクロエとラモーナ様だけ?
エルフと砂漠勢とか一人ぐらい居そうではあるが

ジェローム様がいるだろ

メリザンドの世話してるコームとかスイーツナイト様とか

野戦の時はともかく普段は解放した飯屋で食ってるんじゃ?

ニーナちゃんがあの調子だしブリスのほうが飯作るのうまいんだろうな…

ウチの応援係

ウチの殿下の嫁